金沢方面 日帰り旅行 2019年11月22日(金)

金沢方面 日帰り旅行 2019年11月22日(金)

台風の被害で那須旅行組より1ヶ月以上遅れての金沢旅行になりました

当初、10月の18日に那須旅行組と同じ日に金沢旅行組も北陸新幹線で金沢に行く予定でしたが、台風で新幹線の車両基地が浸水被害を受けてしまい10月の金沢旅行組は旅行を見直すこととなり、どこに行くか中々決まらない中、スタッフのYUKIさんが金沢への新幹線の乗車券を取れるか大宮駅まで行った下さり、結果乗車券が取れたので金沢旅行が復活し、当初のメンバーで金沢へ行くこととなりました。

那須旅行組についてはこちらをご覧下さい。

11月22日(金)に金沢へ

ここからは写真も交えて旅行の様子を伝えられたらと思いますので、是非最後までご覧下さい。

まず東岩槻で私が(メンバーK)電車に乗り岩槻で改札を下りず駅で岩槻組をまっていました。

岩槻組とはスムーズに交流し新幹線に乗る大宮駅まで向かいました。

大宮駅でもう1人のスタッフさんと合流して新幹線に待合室で待ってから乗り込みました。

乗ったのは7:46大宮駅発のかがやき503号です。

ホームで東北新幹線を撮影中!

北陸新幹線は大宮駅からほぼ満席状態で混んでいました。

車内で女性同士仲良く笑顔で乗車(*^_^*)

さすがに新幹線は速くて長野までは約1時間、その後金沢までも約1時間で計2時間と少しで大宮駅〜金沢駅までの到着となりました。

私が子供の頃と違い、今は各地に新幹線で行けるようになり金沢も日帰りで行けるようになったのは夢の?ようですね(*^o^*)

金沢に到着後

楽しみに期待を膨らませ新幹線から降りました。

まずは金沢駅構内にあるお土産物屋さん等、金沢の名産品が集まったお店が沢山集まった「あんと」と言う所を帰りにお土産物が買いやすいように下見してから金沢周遊バスに乗り込みました。

まずはバスで近江町市場に行きました。

ここは海鮮市場です。

近江町市場。一回りしてから、楽しみにしていた昼食をとることにしました。

入ったのは近江町市場寿司支店で私を始め海鮮丼を注文する人が我々の中では多かったです。

私が頼んだ大名丼(海鮮丼)

お味は私自身は期待度が高過ぎた事もあり、地元のお寿司屋さんの方が美味しいかな?とも思いましたが、豪華な海鮮丼は食べたことが無かったですし皆で雰囲気を味わいながら食べるのも良いと思いました(*^_^*)

食事の後は再び近江町市場で探査したり、買い物を楽しみました。

名物ののど黒を買う方も(*^_^*)

探査と買い物がある程度済んでから、次に妙立寺(みょうりゅうじ)、別名、忍者寺に行きました。

妙立寺パンフレット表紙より

妙立寺は予約制拝観で事前に拝観予約をしてから、当日の拝観になります。

ガイドさんが付き、建物のからくり?や言い伝え等を説明頂きました。

ガイド付きだったので分かりやすく面白かったです。

中は撮影禁止ですので写真はありません。

次は兼六園観光です。

バス停から兼六園へ向かう途中のソフトクリーム売り場にて。

この頃には既に歩いた歩数も13000歩は行っていたので疲労感が急に強く出て来ました。

私は体重が重いので足と腰に来てました。

兼六園の徽軫灯籠(ことじとうろう)の前で全員揃って記念撮影。

今回唯一の全員揃っての写真になります。

ここまでは兼六園の写真になります。

兼六園の隣は金沢城跡があります。

兼六園から見えるので写真に収めておきました。

次は東茶屋街です。

趣のある街並みとともにお店が広がっているところです。

街並みはこんな感じです。

東茶屋街では金箔で貼られた蔵があるお店もあり見物しました。

東茶屋街内の神社

東茶屋街が最後の観光スポットでした。

その後は周遊バスに乗り金沢駅へ向かい、金沢駅の巨大な門の前で記念撮影もしました。

金沢駅到着後は自由時間で金沢駅の名産品等が集結している「あんと」で買い物をメインで楽しみました。

この時点で殆ど座らず、歩きや立っての観光でしたのでさすがに疲れました。

私は出来るだけ早く駅での買い物を(あんと)済ませ新幹線を乗る直前までベンチで休んでい疲れを癒やしていました。

帰りの新幹線に乗り込み事故無く無事に大宮駅まで到着しました。

その後すぐ一緒に出掛けた1人のスタッフが離脱。

他は岩槻駅か東岩槻駅での下車なので東武線に乗り換えて無事に皆さん帰宅されました。

今回の旅行を振り返って

今回の旅行はいつものバス旅行と違って体力的な厳しさはありましたが、これはこれで良いとも思いましたし、観光も小回りが利いて良かったと思います。

体調は多少苦しい部分もありましたが、無事に皆さんが旅行を楽しんで帰宅されてよかったです。

作業所ひなでの旅行は年2回ありますが、また旅行が楽しみです。

メンバーK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「作業所ひな」はさいたま市岩槻区にある精神障がい者の社会復帰施設(就労継続支援B型事業所)です。 ここでは社会復帰を目的に仲間との交流、日常生活訓練、作業などの活動を通じて、自立支援しています。 自分らしく生き生きと過ごせる場、ほっと出来る場でもあります。