ビニールハウス設置作業5

ビニールハウス設置作業5

 

過去のビニールハウスの設置記事については以下を参照して下さいm(__)m

 

ビニールハウス設置作業1

 

ビニールハウス設置作業2

 

ビニールハウス設置作業3

 

ビニールハウス設置作業4

 

 

昨日のビニールハウス設置作業は、午後ミーティングなどが行われる為に午前中収穫が終わった後の30分程度の時間しか作業時間はとれませんでした。
 
しかし螺旋杭の埋め込み作業は数名で出来たので本日中に片側を全部終わらせる事が出来たのは良かったです。
 
 
パイプソーを使い、天井部分の支柱の余っていた部分を切り落としました。
 
 
 
切り落とした部分に末端用の固定金具を取り付けて天井部分の支柱の取り付けは完了です。
 
 
片側の螺旋杭もバールを2本使用して複数名で埋め込みました。
 
 
昨日の作業終了後の写真です。
現在ビニールハウスを設置している場所にはブロッコリーを育てている為、支柱を立てるときなどはブロッコリーと支柱が干渉気味で支柱の設置も色々と大変でした。
 
 
  
これらはビニールハウスの扉になります。
農業担当のスタッフさんがビニールハウスを作っていた時のものです。
実家から持ってきて下さいました。
 
 
ビニールハウスで?私たちが暖をとる為のストーブです。
これも農業担当のスタッフさんが実家から持ってきて下さいました。
ビニールハウスを暖めるのには基本電気を利用する予定です。
(太陽光パネルが理想ですが。。。)
 
今後の主な作業としては、もう片側の螺旋杭を埋め込みつつ、ビニペット(フィルム止め材)と言う部材を今の骨組みに取り付け、その後ビニール材を取り付けていくと言う形になります。
通気口も設けてハンドルで回して通気できるようにもする予定です。
 
ビニールハウス設置作業の記事はビニールハウス設置作業6に続きますので宜しかったら引き続きご覧下さいm(__)m
 
メンバーK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「作業所ひな」はさいたま市岩槻区にある精神障がい者の社会復帰施設(就労継続支援B型事業所)です。 ここでは社会復帰を目的に仲間との交流、日常生活訓練、作業などの活動を通じて、自立支援しています。 自分らしく生き生きと過ごせる場、ほっと出来る場でもあります。